<noscript id="mmai0"><samp id="mmai0"></samp></noscript>
  • <samp id="mmai0"></samp>
  • <tbody id="mmai0"></tbody>
  • <code id="mmai0"></code>

    最高の品質と精度を短納期で提供する

    Tel: 021-6772-8910
    ホーム > トピックス
    輸入ステンレス熱延板に対するアンチダンピング課稅措置について

    お客様 各位:


    以下の內容は中華人民共和國商務部が、EU?日本?韓國などから輸入されるステンレス材料に対して、アンチダンピング調査の結果にもとづき発表した、初期裁定の內容と日本メーカーに対する稅率を転載したものなのでご了承ください。

    =================================================================

    中華人民共和國商務部は、EU?日本?韓國?インドネシアから輸入されるステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材に対するアンチダンピング調査について、初期裁定を公表しました。


    2018年6月22日、山西太鋼ステンレス株式會社は、中國國內のステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材メーカーを代表して、調査機関にEU?日本?韓國?インドネシアから輸入されるステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材に関して、アンチダンピング調査の申請を提出しました。寶鋼ステンレス有限公司、北海誠徳ニッケル有限公司と北海誠徳金屬圧延有限公司、甘粛酒鋼集団宏興鋼鉄株式會社、鞍鋼聯衆(広州)ステンレス有限公司はこの申請を支持しています。


    「中華人民共和國アンチダンピング條例」(以下「アンチダンピング條例」という)の規定に基づき、2018年7月23日、商務部(以下、調査機関という)は、「2018年第62號公告」を発表し、EU?日本?韓國?インドネシアから輸入されるステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材(以下、調査対象商品という)に対して、アンチダンピングの立件調査を行うことにしました。


    調査結果により、EU?日本?韓國?インドネシアから輸入されるステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材にダンピングがあり、國內のステンレス スラブ、ステンレス熱間圧延板/コイル材メーカーに実質的な損害が発生したことが認められる、と初期裁定をしました。


    日本の各ステンレスメーカーに課された、初期裁定のダンピング保証稅率は下記の通りです。


    1.  日本冶金工業株式會社       18.1%


    2.  その他のメーカー         29.0%

    =================================================================

    アンチダンピングの裁定実施により、當社におきましても実際に課された稅率に基づき當社が販売する輸入ステンレス製品(日本メーカー)の販売価格を値上げいたします。

    この政策の影響により、ステンレス製品の価格が変動することに関しまして、お客様にご理解いただけますようお願い申し上げます。


    上海白銅精密材料有限公司

                                                   総経理 郎甦令 

                                                              0086-21-67728910

                                                               2019-4-11

    免费AV片在线观看网站_白天是狗晚上是丈夫vh_六十六十路熟妇高熟在线_久久青草资料网站